【初心者向けです】歌い手とは?4ステップから成す歌ってみたの始め方と作り方を解説!
凜

おいす!音楽人講師の凜です。主に、音楽を仕事にする方法を発信しています。

あなたは、「歌い手」という言葉を聞いたことはありますか?主に、ネット上で歌う事を活動としている人たちのことです。

今では、メジャーデビューする人や、沢山のファンを集められている歌い手も多くいます。

あなたも、「歌ってみたを始めてみたい!」「歌い手になりたい!」と思っているかもしれません。

そこで、歌ってみたの始め方と作品の作り方を解説いたします。

まだ右も左もわからない初心者向けの内容ですので、この記事を読んで、さっそく活動を始めていきましょう!

→  最先端の音楽を仕事にする方法を解説した、全15回・合計6時間以上のレッスンを無料プレゼント中!

歌い手とは?

本来歌い手とは、「歌手を含んだ、職業として歌を歌う人」のことを指します。

ですので、歌のプロという事ですね。

僕も、プロの現場にかかわったことがありますが、音響の人は「ボーカルさん」や「歌い手さん」という風に読んでいました。

簡単に解釈すれば、現場で歌を歌っている人という意味ですね。

しかし、歌ってみたが普及していくにつれて、多くの人の解釈がだんだんと変わっていきました

それは、「既存の曲に歌を載せて、ネット上で発信をしている人の総称」という意味としてです。

つまり、歌ってみたを行っている人を「歌い手」という形で解釈されるようになったのです。

この理由は、ニコニコ動画内で「歌手と歌い手を混同させないため」に分けられたと考えられています。

ですので、「プロなら歌手」「一般人なら歌い手」という形ですね。そうすることで、視聴者が動画を見る際にすぐに判別できるメリットがあるのです。

発信側はいつでも、受け取る側のことを考えて活動しますから。だからこそ、ファンビジネスや人気商売は、イメージや解釈が大事なのです。

歌い手として活動する際、このことはあまり重要ではないので、参考程度に解釈してもらって大丈夫です。

→  最先端の歌を仕事にする方法を解説した、全15回・合計6時間以上のレッスンを無料プレゼント中!

4ステップから成す歌ってみたの始め方と作り方

それでは、歌ってみたの始め方を解説いたします。

右も左もわからないあなたがやるべきことは、大まかに4つ工程があります。

それは、以下のステップです。

4ステップから成す歌ってみたの始め方

  1. 歌いたい曲を決める
  2. レコーディング・楽曲の編集
  3. 出来上がった歌と動画を合わせる
  4. 動画を投稿する

この工程が出来れば、あなたは晴れて歌い手となれます。

そして、いざ歌ってみたを始めたのですから、人気になりたいですよね。

この記事を読んだ後に以下の記事を読むと、さらに歌い手としての知識が深まります。

→ 人気歌い手になるには?なりたい!有名になる方法とは 歌ってみたで有名になるための条件を解説

それでは、それぞれ解説していきます。

歌ってみたの始め方と作り方1:歌いたい曲を決める

歌い手というのですから、まず歌う曲を決めなくてはいけません。

歌い手が歌う曲は、多くはボカロPが投稿している「ボカロ曲」がメインです。

ですので、歌いたい曲が公開されていないか調べてみましょう。

人によっては、歌なしの音源を公開していない場合があるので、その場合は直接連絡を取ってみるか、あきらめるかの2択です。

また、ボカロPが明記する「歌ってみたでの使用に対する明記」は必ず守りましょう。書いていない人もいますが、著作権を侵害するような、「商用利用」は控えるようにしてくださいね。

まず始めたての時は、広告などを載せたとしても大した収入にはなりません。

まず、動画を投稿して「ファンを集める」事だけにコミットしたほうが、長期的に見て成功します。

マナーはしっかりと守り、充実した歌い手ライフを行いましょう!

ちなみに、ほとんどの場合「歌いたい曲名・カラオケ音源」で調べれば、検索で出てくることが多いです。

ないのなら、違う曲を探しましょう。

いち早く活動を始めるためにも、ないものはないと潔くあきらめることも大切です。

歌ってみたの始め方と作り方2:レコーディング・楽曲の編集

僕が使用しているDAW「studio one4」

歌いたい曲が決まり、音源も入手しましたか?

そうしたら、いよいよ歌を録音していきます。そのあとに、自分の歌と曲を合わせる工程、「ミックス」をしていきます。

その際に最低限必要なものは、以下の4点です。なくてもスマホで始めることはできますが、これから長く続けるのなら、先にそろえておいたほうが今後の活動が楽になります。

歌ってみたの録音やMIXで最低限必要なもの

  • パソコン
  • オーディオインターフェイス
  • マイク
  • DAWと編集プラグイン

この4つがあれば、音楽的な作業ならほとんど行うことが出来ます。少し学べば、作曲や編曲なども可能です。

最低限この4つは、揃えておきましょうね。

また、DAWは音楽を編集するソフトです。今では、無料で公開しているものも多くあります。

オーディオインターフェイスを購入した際に、ついてくるものもあるので、いいものがないか調べていきましょう。

これらの初歩的な知識は、以下の記事にまとめていますので、ぜひ活用してみてください。

→ DTMの始め方!必ず必要なものとその知識。初心者におすすめなDAWや機材のすべて。

ちなみに、上記の記事ではマイクについては明記していません。

この時、まずは1万円台の物を買うといいです。今のマイクは、この値段でも十分な性能を発揮します。

上を見ればきりがありませんが、最初はこの価格体でいいでしょう。

ここに、参考になるサイトを貼っておきます。4つの必要なもの中で、パソコン以外が売っているので、時間があれば調べてみてください。

サウンドハウスさん

パソコン

ほかにも、BTOパソコンで調べれば、あなたに合ったスペックのパソコンが見つかります。

歌ってみた以外にも使いたいのであれば、少し高いスペックの物をそろえていきましょう!

今後、正しいレコーディングの方法と、MIXの仕方を記事にしようと思います。

楽しみに待っていてくださいね♪

→  最先端の音楽を仕事にする方法を解説した、全15回・合計6時間以上のレッスンを無料プレゼント中!

歌ってみたの始め方と作り方3:出来上がった歌と動画を合わせる

いざ曲が出来上がったら、曲と動画を合わせていきます。つまり、動画編集の工程です。

そして、エンコードを行っていきます。

これは、あわせた作品を一つの動画に抽出していくことです。これができると、晴れてあなたの歌ってみた動画が完成します。

この時、本家の歌ってみた動画を使用しましょう。本来、動画サイトの動画を使用するのはマナー違反ですが、歌ってみたに関しては黙認されています。

あなたが、新しい動画を一から作るのなら関係ないかもしれませんが、初心者の方には難しいでしょう。

ですので、何らかのダウンロードソフトで動画を入手してください。

もちろん、転載物や「使わないでください」と明記されているものは避けましょう。

つまり、歌いたい曲を決める時点で、動画も使用できるか確認するといいでしょう。

そうすれば、あとになって時間を無駄にしなくて済みます。

動画を編集する際、「動画編集ソフト」が必要になります。今では、無料で使用できるものがたくさんありますので、そちらを使えばいいでしょう。

なぜなら、動画と音を合わせるだけなので、無料の物で十分賄えるからです。

動画編集ソフト・無料」で検索をすれば、様々なソフトが出てきます。

この工程まで来たら、ぜひ導入してください。

歌ってみたの始め方と作り方4:動画を投稿する

いよいよ、出来上がった作品を投稿していきます。

歌ってみたで有効な動画サイトは、「ニコニコ動画」と「YouTube」です。

昔なら、ニコニコ動画だけでも良かったです。しかし現在、ほとんどのユーザーはYouTubeを利用しています。

ですので、YouTubeをメインに投稿するといいでしょう。ですが、視聴者を稼ぐという事において、ほかのサイトを併用することは有効です。

つまり、どちらも使用するといいです。

動画の投稿の仕方は、サイトにサインインし、動画をドラッグアンドドロップするだけです。

そして、タイトルと概要欄を入力します。

タイトルのテンプレは、「曲名+歌ってみた+あなたの活動名」がいいでしょう。

このようなタイトルをつけることで、何の曲を何をしてだれが歌っているのかが明確になります。

また追加で、コンセプトなどを入れるといいでしょう。これを学ぶには、ほかの歌い手さんがつけているタイトルから学ぶことが有効です。

次に、概要欄です。ここには、曲の本家さんのURL・本家動画のURL・あなたの書きたい事を書きましょう。

ここも、ほかの歌い手さんのまねをすれば大丈夫です。有名な人の動画から真似をすれば、まず大丈夫です。

→  最先端の音楽を仕事にする方法を解説した、全15回・合計6時間以上のレッスンを無料プレゼント中!

まとめ:歌い手とは?4ステップから成す歌ってみたの始め方と作り方を解説!

いかがだったでしょうか?

今回は、「歌ってみたを始めたい人」向けに記事を書きました。

そのために必要な4つのステップは、以下の通りです。

4ステップから成す歌ってみたの始め方

  1. 歌いたい曲を決める
  2. レコーディング・楽曲の編集
  3. 出来上がった歌と動画を合わせる
  4. 動画を投稿する

動画をたくさん投稿していけば、ファンが少しずつ増えていきます。そうなれば、歌を仕事にすることもできます。

そのためには、「地道に活動を続けて、有名になる」事が重要です。

そのためには、正しい方法・戦略が必要です。

その方法を詳しく解説した記事もありますので、ぜひ活用してください。

→  最先端の音楽を仕事にする方法を解説した、全15回・合計6時間以上のレッスンを無料プレゼント中!

あなたの活動を応援しています。

凜

以上。音楽人講師の凜でした!